--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オマエの眼球はアタシが守る  part.3 診察結果後編

2010年12月19日 23:51

何度も分けて書いてしまって申し訳ないです。。。


122004.jpg


支離滅裂な文章を得意とするmojaには
一番重要な事を的確にピックアップして書けなくて
だらだらだらと、あった事全部書いて行くのが
一番正確に伝わりゃしないかな。。と

そして過去の目の記事はカテゴリの病気の所に入っておりますので。
お暇だったら読んで下さい


昨日はパパチの目以外の診断結果について書きました

本日は
一番重要な『目』についての診断結果。


 この記事は頭が悪いmojaが先生から聞いた事、調べた事など
Mixして、ワタシが分かる様に書いてます。。
言葉足らずな部分、間違っている部分もあるかもしれません
違うよ!と言ってください。。



院長先生に「目についてはとても詳しいから」と言われ
次に診察してくださった先生。
マシュマロ氏 (爆)
何だかマシュマロに似てるので、
ヒゲモジャーズはそう呼んでます(もちろんコッソリ

何度も通院してると
「パーパーチーー!!ど~だ~♪」
と素敵に語りかけてくれる説明上手なマシュマロ氏。


院長先生からパパチの耳の話を聞いたマシュマロ氏は
パパチの目を見て
すぐにいくつか検査をして下さいました

これらもカメラ付きでモニタに映し出してくれ、
最後にその映像をプリントしてくれます
だからとても分かりやすい!


目の状態をアップにして写真をとってくれた後、
スリット検査、というものを行いました

細い光をビームみたいにだして?
目の表面や角膜の内側、水晶体の状態も調べる事ができる検査だそうです

そしてその後に
眼圧検査
コレは。。。何て書けばいいんだろうなぁ。。
演劇の小道具で、刃の部分がへこむ刀ありますよね。。
あれが針くらい細くなったものを、目にトーンと当てて眼圧を計ります


あとは、昨日書き忘れちゃったのですが。。。
院長先生が血液検査をしてくれまして。。

全部の検査結果を見て、マシュマロ氏が出した診断結果。


まず、問題の左目

診断結果は。。
おそらく
ぶどう膜炎.虹彩嚢胞(こうさいのうほう)

の可能性が高い。。と。

gla1.jpg


ぶどう膜とは
脈絡膜〈みゃくらくまく〉と毛様体〈もうようたい〉、
虹彩〈こうさい〉の三つをまとめて呼ぶ総称です。
これらは眼球全体を包み込むよう広がっています。

つまり目ん玉を包んでる膜全体をぶどう膜と呼んでいる。。ってこと?

この中の虹彩。
ジャバラみたいになっていて、カメラで言うと絞りの部分。
目に入る光量を調節してる場所が
炎症をおこしている。。。


以下↓ 人間の眼科さんの虹彩炎のページからコピペ
虹彩に炎症が起こったものを虹彩炎といいます。
多くの場合、炎症はぶどう膜の1つである毛様体にも及び、虹彩毛様体炎へと進行します。
外傷、ウイルス感染、アレルギーなどが原因として考えられていますが、
原因不明の場合も少なくありません。




昨日の記事でパパチの耳に謎の感染症があったことを
おぼえてらっしゃいますでしょうか。。。

moja的に伝えると。。

パパチの身体の中には、悪い菌がいる。(耳のカサブタも犯人こいつ)
そしてその悪い菌が、 パパチの虹彩に炎症を起こしている
この炎症によってパパチの目は血がにじんでいる
そして、この炎症のカスが水晶体の前に乗っかっちゃってる
それで目が曇って見える。


という状態だそうです。。。


この悪い菌の正体、虹彩にできている炎症の中身を調べる
もしくは昨日書いた耳のウミを調べれば分かるようですが
虹彩の中を調べるには、目の中開かなきゃいけない。。
耳は現在カサブタなので調べられない。。ということでした



この先パパチの目の写真がでます。。
あんまり見てて気持ちよくなるものじゃないので
苦手な方気をつけて







122001.jpg

122003.jpg


2枚目の写真、本当は綺麗な弧を描かなきゃいけないのですが
下がプックリしてるのがわかりますでしょうか。。。
コレが虹彩の炎症。腫れてます


そしてこの炎症によって、1枚目の写真。
黒目が楕円になっています。
炎症によって、アバウトにいえば目の中が歪み
上手にピントが合わず、とても見えにくい状態とのことでした

そしてこの目の中のしろいモノ。
これは水晶体の前の部分。。
そこにカスがくっついてしまっている為、白く見えるようで。
これはこの先とることは、ほぼ不可能に近い。。とのこと。


現在、悪い菌の原因がわからない為、全身投与で
抗生剤を呑んでいるのですが。。
これでも一度ついてしまったカスはとれないそうです


つまりパパチの左目ん玉の中には
オデキができて、
レンズが曇って、
焦点距離もあわない



今できるのは、これ以上カスが増えない様に早く炎症をとめる。
それだけです。。。
合わなくなったピントも、曇りも。
もう治す事は難しい。。。という結果でした。





そして。。。まさかまさかの事態。。

パパチの右目

こちらの方が重傷。とのことでした。。。



その記事はまた明日。。。。。ごめんなさい




にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村 ← mojaにちからを~~

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村 ← 元気玉~~~ぽち

おきてがみ

スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。